The world where you and I are surrounded
Fashion+Art+Culture+Charactor
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Summer Wars | main | メアリーブレア展 at MOT >>
FUNNY GAME U.S.A.

 

今回は「ファニーゲーム USA」。

ミヒャエル・ハネケ監督が以前に撮った「ファニーゲーム」

それを自分でリメイクしたのがこの作品だ。

バカンスを利用し別荘へきた絵に描いたような幸せな家族を

悪夢のドンゾコへ突き落とすという

全く持ってファニーじゃない内容。

2人の青年の理不尽さ、いかれ具合、暴力性、まさに恐怖そのもの。

ただホラー映画にありがちな直接的な暴力とでもいおうか。

(あの血がブッシャーって感じやイタイイタイイタイってシーンの事)

そういったシーンがほぼないんだ。

画面に映るのは飛び散った後の血や動かなくなったあとの人間など

むしろ統一されたキッチンや計算されたような余白、ナオミワッツの美貌

暴力とは正反対に位置するようなホワイトカラーが多く使われていてキレイだと思うこともしばしば。

ヴァイオレンスグロテスクを期待してるやつはご遠慮願いたい。

とはいえ見ていて気分のいい映画でないことは間違いない!

もっとも怖いのは常識の範疇を超えた人間だってことさ


FUNNY GAME U.S.A.
http://www.funnygame-usa.com/
スポンサーサイト
今はこんなのがあるんですね!
sowととかうけてるからリメイクしたんですかね?!
サイコスリラー的な!?
kujira丼 | 2009/09/10 10:14
>kujira丼
つってもハネケのセルフリメイクだし
最初のファニーゲームを発表した時も高評価を受けてたみたいだぜ。
ツタヤなんかに行くとパクリのB級映画が多いが
少し見てみたい気はするな
Par | 2009/09/14 00:40
COMMENT









Trackback URL
http://moderatism.jugem.jp/trackback/166
TRACKBACK