The world where you and I are surrounded
Fashion+Art+Culture+Charactor
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Roll Madu | main | 聖☆おにいさん >>
冷めない紅茶
またまたいい本に出会ってしまった。

みんなにこの感動をおすそ分けだ。

紹介するのは小川洋子の「冷めない紅茶」だ。

 

小川洋子といえば「博士の愛した数式」が有名。

あーあーあー、あれね。

って具合に、本を読まないあんたでも名前くらいは聞いたことがあるだろ?

さて、タイトルの本の話だが

こちらは「冷めない紅茶」と「ダイヴィングプール」という短編2本立て

前者は昔の同級生の死をキッカケに再会する主人公と男の子、そしてその奥さんの話。

他人の死というものに自分は痛みを感じることはない

ただ、近しい人の場合において

現実への拒否から頭の中で描いた世界が実現する。

あまりに都合がいいので居心地がよくて抜け出せなくなっちまう

空想の話のようで実際はあり得るのかもしれない。

ダイヴィングプールは孤児院を経営する親をもつ女の子が主役だ。

何人もの子が里親を見つけては去っていく

もちろん主人公が孤児院を去ることはない。

みんなとは違うことへの疎外感

逃げ出すこともできない女の子は

孤児の男の子への憧れと

他人の痛みを快楽と感じるように歪んでいく

どちらも話の世界に透明感がある

話は決してライトではないが

読んでいてすごく心地は良い

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://moderatism.jugem.jp/trackback/138
TRACKBACK
冷めない紅茶
冷めない紅茶 | 忍者大好きいななさむ書房 | 2009/08/17 10:57