The world where you and I are surrounded
Fashion+Art+Culture+Charactor
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

akihabara
ついこの間東京が世界に誇る場所

電脳都市亞奇覇薔薇、あ、間違えた、秋葉原へいってきた。



目的は友人と共にその子の友達が働いてるお店にいくこと。

そのお店の名前はdearstage(ディアステージ)というものだったんだ。

俺は勝手に働いてるってのはカフェかバーか何かだと思ってた

その上この時点では秋葉原だなんてことも忘れていたのが事実。

友達と談笑しながら能天気な頭でエントランスをくぐる

・・・あまりの光景に思わず目を見開いた

目の前に広がるのは男子、男子、男子

そしてステージでフリフリの服を着て踊るアイドルのような女の子

そう、ご察しの通りだ。

俺がいたのは萌えと音楽とオタ芸の混ざりあった空間だったんだよ。

まさにこんな感じ↓(パソコン閲覧推奨)

俺は正直オタクのことは何も知らないがバカにしている部分があった

しかし直に見た女の子達のパフォーマンスクオリティーの高さ

そしてかわいく、かっこいい!

それを見つめて踊る男達の目の輝き

大人たちのこんなに楽しそうな姿を見たことがあっただろうか?

既成概念をとっぱらってくれたこの出会いに感謝したい。

日本人よ、ジャパニーズカルチャーを誇れ!


dearstage
http://moejapan.jp/dearstage/


自由が丘
 噂のセレブタウン

高級住宅街

自由が丘

俺には場違いだがプラプラしてきたぜ









全然下調べしていなかったが

かわいらしい雑貨屋がたくさんあった。

どのお店もいい方は悪いが似たようなお店で

これが自由が丘チックっていうんだろうな。

服屋の多くもテイストはカントリー系。

ナチュラルなテイストのショップが多かった気がする。

昼下がり

日差し

自由が丘

パンのある風景

うーん、いい日だ。
Ginkakuji
よく日本にきたら京都へ行け、というが

一口に京都って言っても広すぎやしないか?

俺がダントツぶっちぎりで1番オススメしたいのはここ、銀閣寺だ。








正式名称は慈照寺という。

この時点で、うっそ、マジかよ!?って思ったやつもいるに違いない。

とりあえずすげぇって感じたのは苑内でキレイに生え揃った苔。

普段なら敬遠しがちな植物も雰囲気、季節、時間なんかの要因で

美しく表情を変えていくんだ。

さて、肝心の寺本体だが

歴史うんぬんはさておき(つーか勝手に調べてくれ)

俺が訪れたときはちょうど改修工事中とのことで

まぁ写真の通り布をかぶっちゃってたよ。

はるばるやってきたのに残念だと言うと横にいたおっちゃんが

「100年に1回しかしないから逆にラッキーだね。」

なんて平気で言い放ちやがった。

So positive!!

まんまと言いくるめられた気もしなくはないがまぁいいだろう。

ここには日本のワビサビオモムキミヤビが揃ってる。

イトオカシ。
Kiyomizu Shrine
 小旅行記-京都編-

みんなもちろん知ってるよな?

知らないなんてやつはとりあえずおうちに帰ってママに聞いてごらん。

京都が世界に誇る建築物

そう、清水寺だ。





山の斜面にできた寺院は教科書なんかで見たことがあるだろう?

建物自体ももちろん雅だが

ロケーションがら京都が一望できるというなんともナイスビュースポットだ。

夜はきっと恋人たちに大人気だろう。

といっても閉門は6時だ。良からぬ妄想はやめておけ。

閉門が早い代わりに朝は6時からあいているのも魅力の1つ。

早起きすぎてうるさいじいちゃんを連れていってあげたらどうだい?

帰りはおこずかいたんまりだ。